Arc's Pinup Studio

主に趣味のCGに関するいろいろ。

真空管ガール・完成間近。

どうもどうも、完全に死んだと思わせておいて実は何度もお花畑を見ている当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

以前からダラダラウダウダと引っ張り続けている企画ですが、自分ではそれなりに真面目に取り組んで来たものの、いろいろといじくり回しているうちにすっかり飽きてしまいました。なので、やれそうな事を一通り詰め込んだ時点でスッパリと終わりにします。

今まで作ってきた謎の物体は、前景と背景に配置する事で画面に奥行きを出そうと目論んでいたのですが、C4DのポストエフェクトはモーションブラーとFODを同時にかける事ができません。仕方がないのでレンダリング時にデプスパスを書き出しておいて、それをマスクにしてFODはPhotoshop側でかけることにしました。

 
寝る前にレンダリングをスタートさせ、GIのプレパスを計算し始めたのを確認してから床に就いた翌朝、完全に目覚めていないながらもレンダリング結果を確認すべくモニタの電源を入れてみると、いやに画面がすっきりしています。10秒位してからようやく気がつきました。C4Dがきれいさっぱりなくなっているのです。「レンダリング中に暴走して強制終了してしまった」と思ったその時、タスクトレイ上に表示されたバルーンヘルプを見て言葉を失いました。

「重要な更新があったため再起動する必要がありました」

…そうです、WindowsUpdateが勝手にアップデートして勝手に再起動してしまったのです。
えーでも自動更新は切ったはずなのに、何故だっ! と目が覚めるに従って沸々と怒りが湧き上がってきましたが、更に目が覚めるに従って何となく原因が思いつきました。

ノートンです。WindowsUpdateを切っているとNISの警告がウザいので、いろいろ設定を弄っているうちに自動更新する設定に変えてしまってたのだと思います。つまりは自業自得。えぇえぇ、分かってはいるのですが悲しすぎます。1枚5時間以上かかるのに。あぁ貴重な青春の一ページが。
(※因みにNIS2006では警告オプションでWindowsUpdateの警告は抑制できます。)

それにしても「重要な更新があったため再起動する必要がありました」ってどういうことよ。何かものすごく癇に障るメッセージなんですけど。というかそれ以前に、断りもなく勝手にリブートかけるソフトウェアって、それは普通にナチュラルにコンピュータウィルスじゃないのかよ。

あー思い出したらまた腹が立ってきた。もう寝る。
該当の記事は見つかりませんでした。