Arc's Pinup Studio

主に趣味のCGに関するいろいろ。

レンダリング時間短縮のための覚書き

私が今までC4Dを使ってきた上で、Poserオブジェクトをラジオシティでレンダリングする際に、レンダリング時間短縮に有効と思われる手法をメモしておきます。

なお、これらは全てラジオシティの計算精度を落とすことによってレンダリング時間を短縮する手法であり、リアルで正確なレンダリング結果を必要とする場合には相応しくありません。また個人的な印象から効果があると思い込んでいる場合があるかもしれません。ご意見などございましたらBBSまでお気軽にお願い致します。

【マテリアルに関する設定】
■空オブジェクトのマテリアル
「拡散光を受ける」「フォトンを受ける」のチェックを外す。

■Poserオブジェクトのマテリアル
「拡散光を生成」「フォトンを生成」のチェックを外す。
ただし、アルファマップが適用されたマテリアルはレンダリング結果が不自然になる場合があるので、適宜確認した上で不自然であれば元に戻す。

■目立たないオブジェクト
睫毛・眉毛など細部が目立たないオブジェクトは、「ハイライト」「ハイライト色」のチェックを外してマテリアルを簡略化する。

【レンダリングタグに関する設定】
■空オブジェクト
レンダリングタグを設定して「影を受ける」のチェックを外す。

■髪プロップ
Poserの髪プロップはテクスチャのクオリティ次第で、ラジオシティでもレイトレースでもレンダリング結果がほとんど変わらない場合がある。そういう場合は、髪プロップだけ別グループにした上でレンダリングタグを設定して、「ラジオシティから見える」のチェックを外す。

■背景プロップ
遠景であったり、近景であってもレンダリングノイズの目立ちにくいテクスチャである場合は、別グループに分けてレンダリングタグを設定して、「ラジオシティの計算精度」を下げる。
該当の記事は見つかりませんでした。