Arc's Pinup Studio

主に趣味のCGに関するいろいろ。

2月終了。

2

先月、新しいPCをどうするか一度冷静に考えてみようなどと書いたのですが、実は2月になってすぐに買ってしまいました。我ながら呆れてしまいます。

前回・前々回のPCはエプソンダイレクトで購入しました。作りがしっかりしていてとても気に入っていたのですがその分割高で、今回は価格重視ということでツクモで購入しました。因みに買ったのはこれです。

(旧PC → 新PC)
・CPU i7-4770 → i7-9700K
・メモリ 24GB → 32GB
・グラフィックボード GTX 1060 6GB → RTX 2070 8GB

このスペックで総額21万9千円はまずまずの値段だと思います。ただ、エプソンダイレクトに比べるとケースなどいろいろと見劣りするところがあります。

注文して4日ほどでPCは無事に到着しましたが、そこからアプリケーションのインストール地獄です。前回はWindows7でしたのでドライバはある程度用意できていましたが、今回はWindows10なのでドライバも集めながらセットアップしなければいけません。
先月苦労してインストールしたあの作業は全くの無駄になってしまいました。

インストールが一通り終わって各アプリケーションが安定して動作していることを確認できたので、新しいグラフィックボードの性能を堪能すべくDAZ Studioを起動しましたが、新しいグラフィックボードを認識しません。何とDAZ Studio4.10はRTXシリーズに対応していないのですね。仕方なく4.11β版をインストールしました。

そして遂に「グラボ2枚挿し」に挑戦です。以前ゆがさんに教えていただいてからいつかやってみたいと思っていたのです。今回PCを買い換えた最大の目的と言っても過言ではありません。

PC内部のスペースが狭くて文字通り苦心惨憺の末に何とかGTX 1060を取り付けて、DAZ Studioがグラフィックボードを2枚認識しているのを確認してからテストレンダリングしてみました。結果は…CUDAコア分だけ早くなっているという印象です。iRayプレビューも確かに早くなっているのですが、実用的といえるレスポンスには至りませんでした。
それでも早くなったのは間違いないのでよしとします。

そういうわけで画作りの時間が確保できず、今月の画は普段にも増して手抜きです。
どうやら私はネタに困るとキャミソールやタンクトップを着せたくなる性分のようです。
DAZ StudioのためにPCを新調したようなものですので、来月からは心機一転画作りに励みます…とブログには書いておこう。

2 Comments

ゴブ沙汰してます。Yugaです。
最近はすっかり地下に潜りっぱなしで、久しぶりに地上に出てきました。

という訳で新パソコン購入おめでとうございます。
ついでにあけましておめでとうございます。

ついにアークさんもRTXに突入ですかっ。素晴らしいです。
相変わらずTensorとかDLSSとかD|Sでは対応していませんが、
きっと今年中にはリアルタイムでグリグリ動かせるプレビュー画面みたいな
ファイナルレンダリング環境が登場するのでは?とRTXユーザーなら期待に胸が張り裂けそうになりますよね。

あと紹介しておいてなんなんですが、RTXとGTXの2枚刺しはグラボの性能が
違い過ぎてお勧めできないかな?と個人的には思ってますがどうなんでしょうか。

以前はCUDAコア数至上主義でしたが、D|S4.11になってからはPostDinoiserのお陰で
実質的なレンダリング速度は10倍近く向上していると感じているので、さほど
CUDAコア数に気持ちが傾倒しなくなりました。

D|S(IRAY)が完全にRTXに対応すれば、PostDinoiserがハードウェア対応(DLSS)
して超高速化くれる気がしているので、そうなれば思い残すことがなくなるかも!?(2019/3月現在)。

あ、今の不満はdForceのシミュレートが遅いので次はCPUか、、、
とまあ物欲センサーはとどまる処を知りません。

余談ですが、先月の記事のコメントに懐かしい方が登場していましたね。
リアルタイムで見ていたら私も参戦して24コメントじゃ済まなくなっていたかもしれないので
アークさん的は命拾いしたようです(笑)

でわでわ(^^)
Yuga | 2019.03.03 | URL | #t50BOgd. [edit]
ゆがさんコメントありがとうございます。
> ゴブ沙汰してます。
最近あいつを全く使っていないのを思い出しました。

> という訳で新パソコン購入おめでとうございます。
ありがとうございます。そうなのです、カネもないのに買ってしまいました。
我ながら呆れてしまいます。

> ファイナルレンダリング環境が登場するのでは?とRTXユーザーなら期待に胸が張り裂けそうになりますよね。
難しいことはサッパリ分かりませんが(笑)、ファイナルレンダリングの2割くらいの
画質でグリグリできる動かせる環境はもうそろそろ出てきて欲しいものです。
DAZ Studioにはもう少しプレビュー画面を頑張っていただきたいと常々思っています。

> あと紹介しておいてなんなんですが、RTXとGTXの2枚刺しはグラボの性能が
> 違い過ぎてお勧めできないかな?と個人的には思ってますがどうなんでしょうか。
えーそうなんですか。あんなに苦労して押し込んだのに(笑)
でもいいんです、たとえGTXでもないよりあるほうが早くはなっているので。
今更抜くのも面倒なのでもうこれでいきます。

> D|S(IRAY)が完全にRTXに対応すれば、PostDinoiserがハードウェア対応(DLSS)
> して超高速化くれる気がしているので、そうなれば思い残すことがなくなるかも!?(2019/3月現在)。
そんな技術があるんですね。本当はGTX1070を買おうと思っていたのですが
RTXにしておいてよかったです。

> あ、今の不満はdForceのシミュレートが遅いので次はCPUか、、、
MarvelousDesignerは早いですよ。しかも布をマウスで引っ張れます。
そしてCPUよりMarvelousDesignerのほうが遥かに安いです。
ぜひご検討下さい。

> アークさん的は命拾いしたようです(笑)
ブログのコメント欄に10年前のBBSが蘇りますね。
アーク | 2019.03.04 | URL | #- [edit]

Leave a reply





管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。