Arc's Pinup Studio

主に趣味のCGに関するいろいろ。

1月終了。

25

5年以上前にインストールしたWindows7を今まで騙し騙し使ってきたのですが、最近は不具合が頻発するようになったので、この画を完成させてから遂に再インストールしました。

本当はWindows10をインストールしたのですが、うちのPCはATAPIコントローラがWindows10に対応していないらしく、チャンネル0以降に接続したHDDを認識しません。これを解決するにはWindows10に対応したデバイスドライバが必要なのですが、私のPCは2012年製でもう何のサポートもありません。結局Windows10は諦めて泣く泣くWindows7をインストールし直しました。

しかしOSのインストールなど実は大したことはないのです。何故今まで再インストールを躊躇していたかというと、その後やらなければいけない様々な設定とアプリケーションのインストールで地獄を見るのが明らかだったからです。

それでも今まで各種アプリケーションを可能な限りCドライブ以外にインストールしておいたおかげで、多少は楽ができました。それにしても問答無用でCドライブにインストールしてしまうアプリケーションは一体何なのでしょうか。殺意すら湧きます。

このように苦労してやっとPCのセットアップが終わったのですが、できれば消費税が上がるまでには買い替えたいと思っています。Windows10が使えないというのは流石にまずいだろうということなのですが、本当はそれを口実にしているだけかもしれません。

ただ、買うからには当然先立つものが必要なわけで、幸いにも消費税が上がるまでまだ猶予がありますのでもう少し冷静に考えてみることにします。

25 Comments

先日は、本当に久しぶりの再会に、つい長居をしてしまい申し訳ありませんでした。
しかし、暖かく応対してくださったアークさんのお人柄にあらためて感謝申し上げます。m(_ _)m

最新画を拝見いたしますと、これは女性の美しいフォルムを再認識する、私の好きなアングルのひとつですv。衣装の配色もシンプルで主張し過ぎず、いいですね。(肩から滑り落ちそうなのはDForce服?)

過去ログも拝見中ですが、アークさんの作品に対するこだわりがよく伝わってきます。
そのせいか作品の細部に目がゆくようになりました。(決してアラ探しではありません(笑))
さりげなく右手につけた指輪は、見る人への配慮ですね! 女性の生活も暗示されます。

PCの更新は楽しみであると同時に、後のこと考えると気が重くなる部分もありますよね。
でもアークさんのことですから、ボーナスまで待たずに買ってしまいそうな気が・・(笑)
ぽれぽれ | 2019.02.01 | URL | #mQop/nM. [edit]
ぽれぽれさんコメントありがとうございます。
辺境で低空飛行を続けるブログですのでいつでもお越しいただければ
幸いです。
ただ、何一つ有益な情報を含まない記事をお読みいただいて無駄な時間を
過ごされるのはかなり心が痛みます。

拙作をお褒めいただきありがとうございます。
衣装は全てMarvelousDesignerで作りました。
衣装の作成とシミュレーションをMarvelousDesignerで行って
その結果をOBJファイルでエクスポートしてDAZ Studioに読み込んで
マテリアルを設定しています。
dForceも何度か試したのですが、少なくとも衣装に関してはdForceより
MarvelousDesignerのほうが使いやすいと私は思います。

> さりげなく右手につけた指輪は、見る人への配慮ですね! 女性の生活も暗示されます。
昔はあまり意識していなかったのですが、アクセサリを全く付けていない
女性は不自然なような気がして、普段着っぽい衣装の時はできるだけ付ける
ようにしています。ただこういうのも流行りがあるようで、レンダロやDAZで
売っているようなヘンテコなアクセサリではなく雑誌に載っているような物を
探して、見つからなければZBrushで作るようにしています。

> でもアークさんのことですから、ボーナスまで待たずに買ってしまいそうな気が・・(笑)
それはたとえ思っても言わないで下さい。本人も我慢して言わなかったのですから(笑)
アーク | 2019.02.01 | URL | #- [edit]
>ただ、何一つ有益な情報を含まない記事をお読みいただいて無駄な時間を過ごされるのはかなり心が痛みます。
いえ、とんでもございません。
昨年暮れからDAZ Studioをいじり始めて、tipsをまとめておいてくださる世間の有り難いサイトには大変お世話になっています。ただ、APSには馴染みの喫茶店のように、ほっとする雰囲気があります。これもマスターの人柄と可愛いウェートレスさんのおかげかと。(笑)


>衣装は全てMarvelousDesignerで作りました。
MarvelousDesigner 、まさに驚異的なソフトですね!(でも高そう・・)
何せ、長い冬眠から目覚めたところですので(The Last Copのよう?)、これからもトンチンカンな質問をしてもお許しください。m(_ _)m


>探して、見つからなければZBrushで作るようにしています。
そこが職人のこだわりですねっ!

>本人も我慢して言わなかったのですから(笑)
「えー、これは浪費ではなく、わが社の将来にとって必要不可欠な先行投資であると認識しております。」
というアーク社長の会見が近々予想されます。(笑)
アークさんなら投資は回収できると思います。(^^)v
ぽれぽれ | 2019.02.02 | URL | #mQop/nM. [edit]
> MarvelousDesigner 、まさに驚異的なソフトですね!(でも高そう・・)
私が買った時は確か5万円くらいだったと思います。
因みに今セールで半額以下になっているようです。
是非ご検討下さい(笑)

> これからもトンチンカンな質問をしてもお許しください。m(_ _)m
むしろ私がトンチンカンなことを答えそうなのが心配です。

> >探して、見つからなければZBrushで作るようにしています。
> そこが職人のこだわりですねっ!
いえ、作れそうな物しか作らないのでいつまで経っても上達しません(笑)
そういえばZBrushも10万円くらい出して買いましたが、長い間フィギュアの
顔と体型を弄るツールとしてしか使っていませんでした。

> 「えー、これは浪費ではなく、わが社の将来にとって必要不可欠な先行投資であると認識しております。」
私はPCで遊ぶ以外に何もやることがないので、必要不可欠な先行投資であることは
間違いないですね。何年か前にPCが動かなくなった時には本当に何もやることが
なくて絶望したのを思い出しました。
ただPCを使っている本人が生きる不良債権なので投資の回収は絶望的です。
アーク | 2019.02.02 | URL | #- [edit]
>因みに今セールで半額以下になっているようです。
ええっ、MarvelousDesignerが半額ですって? Marvelous!!
私の人生にとって必要不可欠な先行投資・・のような気がしてきました(笑)
いえ真面目な話、(将来的に)スキルが向上したら作りたいものがあったのです。


ところで質問ですが、2018年7月作品のような流れる水の表現はどのように作られているのでしょうか?
よろしければ、ご教示願います。
ぽれぽれ | 2019.02.03 | URL | #mQop/nM. [edit]
> いえ真面目な話、(将来的に)スキルが向上したら作りたいものがあったのです。
私もいつも値段を確認しているわけではありませんが、半額になるのはかなり
珍しいことだと思います。いずれ買われる予定なのであればいい機会かもしれませんね。

> ところで質問ですが、2018年7月作品のような流れる水の表現はどのように作られているのでしょうか?
Rigged Water Iray https://www.daz3d.com/rigged-water-iray
Ripples and Wakes Iray https://www.daz3d.com/ripples-and-wakes-iray
SY Super Splash Pack Iray https://www.daz3d.com/sy-super-splash-pack-iray
SY Squirts Splats and Splashes Iray https://www.daz3d.com/sy-squirts-splats-and-splashes-iray-44355
これらを組み合わせて、更にZBrushで形を整えてレンダリングした後に
Ron's Splashes https://www.daz3d.com/rons-splashes
こういったブラシでレタッチしています。
清々しいほどに他力本願です(笑)
アーク | 2019.02.03 | URL | #- [edit]
アークさん、ご回答ありがとうございました。m(_ _)m
プロップのほかにもブラシですか! 弘法、筆(ブラシ)を選ぶ、ですね。(笑)

>他力本願
いえいえツールを使いこなす技が必要かと。
ぽれぽれ | 2019.02.03 | URL | #mQop/nM. [edit]
「Arc's Pinup Studio」ついに読了いたしました!

時代が下るに従って章立てが簡潔になり、読みやすかったです。(笑)
ああ、そんな時もあったなあ、と共感できる記事も多くありました。(311後の東日本の計画停電など)


アマゾンに書評を投稿します!(フェイク・ニュースw)

★★★★★ 1件のカスタマーレビュー

◎ぽれぽれ
★★★★★ アーク作品の秘密がわかった! 
2019年2月吉日
形式: FC2ブログ(フリー版)

ピンナップ界のマエストロ、アーク(Arc)氏の2005年から現在にいたるまでの制作日記(後半は月記)である。

海外においても評価が高い、明るく華やかなアーク作品からは想像もできない、氏の地味でストイックな生活と、泥臭いと言っても良いほどの地道な作業の連続である制作現場の様子が明かされている。

Poser、DAZ Studio、C4D、MarvelousDesignerなどをはじめとする数々の3D制作ツール(Photoshop含む)を駆使し、素晴らしい作品が仕上げられてゆく課程が、美麗な作例とともに語られる。ときには、後進作家のためにボツ作品まで惜しげもなく披露することも。

Poserについては、その黎明期からいち早く注目したが、DAZ Studio(あるいはGenesis 3以降)の台頭によるPoserとの決別事情も明らかにされている。

内容は、いわゆる「波瀾万丈」とは一線を画したものになっている。
ユーモアを交えたその淡々とした語り口は、古くからのアークファンも安心して読めるだろう。

氏は自らを「給料泥棒」と称し、長らく世間の目を欺いてきたが、過労による点滴・入院というエピソードでは「生死の境をさ迷った」こともあったという。(それでもマウスを離さなかった、というのはおそらく作り話)

氏の生活信条は「節制、節約、平穏」であるが、平穏無事以外は今や氏のライフワークとなっている。

読者は途中まで読み進めるうちに、「そのうち何か起きるのだろう」という安易な期待にとらわれるかも知れないが、それは良い意味で見事に裏切られる。・・最後まで安心して読める一冊である。

ピンナップという一点に特化し、長年継続的に努力する氏の姿勢に読者は少なからず感銘を覚えるであろう。
月並みな表現であるが、氏の”平成最後の作品”がどのようなものになるか、注目したい。

(追記)毎年正月の日の出写真も定点観察記録として貴重である。
   (ただ、一部よりC4Dによるフェイク画像ではないかとの疑惑もささやかれている。)


3人のお客様がこれが役に立ったと考えています

[役に立った] コメント 違反を報告 常設リンク
ぽれぽれ | 2019.02.03 | URL | #mQop/nM. [edit]
> アマゾンに書評を投稿します!(フェイク・ニュースw)
これはものすごい力作ですね、驚きました。
かなり美化していただいている箇所もありますが、今まで書いてきたことが
要約されていて、「ああそんなこともあったなぁ」と懐かしく思いながら
楽しく読ませていただきました。ありがとうございます。

> 読者は途中まで読み進めるうちに、「そのうち何か起きるのだろう」という安易な期待にとらわれるかも知れないが、
そうですね、我ながらびっくりするくらい何も起きない人生でした(笑)

> 月並みな表現であるが、氏の”平成最後の作品”がどのようなものになるか、注目したい。
これは全く考えていませんでした。
「何か特別な画」というのは、一体どの方向へ舵を切ればいいのか考えてみます。

>    (ただ、一部よりC4Dによるフェイク画像ではないかとの疑惑もささやかれている。)
なるほど、その手がありましたね(笑)
アーク | 2019.02.04 | URL | #- [edit]
長文、失礼いたしました! m(_ _)m

>「何か特別な画」というのは、一体どの方向へ舵を切ればいいのか考えてみます。
おお、マエストロ(マスターから昇格w)から素晴らしいお言葉をいただきました!
でも、あわただしい年度末作業に向けてまず体をご自愛ください。4月でも間に合いますから。

Marvelous Designer、私のPCで動くのか不安でしたので、まず体験版をダウンロードしましたところ何とかなりそうです。先行投資の一部としては、藤堂++氏のチュートリアル本(2500円)を購入しました。これでしたら挫折しても被害額は少なくて済みそうですw。

セール期間は今月中旬までですので、本当はリスク覚悟で先ず買う、という気持ちに傾いています。(笑)
(冬眠から目覚めたばかりの身で、我ながら無謀と思いますw)


ぽれぽれ | 2019.02.04 | URL | #mQop/nM. [edit]
> Marvelous Designer、私のPCで動くのか不安でしたので、
確かに、まずは体験版で確認しておくのが懸命な判断ですね。
即座に購入してあまりの分からなさにしばらく途方に暮れていた私とは
えらい違いです。

> セール期間は今月中旬までですので、本当はリスク覚悟で先ず買う、という気持ちに傾いています。(笑)
DAZ Studioでコンフォーム衣装を作ることに比べれば比較的簡単に服を
作ることができる上に、バージョンアップの度に有用な機能が追加されて
いますので、結構楽しめるアプリケーションだと思います。
アーク | 2019.02.04 | URL | #- [edit]
世間の皆様とはだいぶ遅れをとっておりますので、リハビリ費用wとして、DAZでdForce服やら、はてはdForce Magnetなるものまで先日購入してしまいました。(^^);

しかしMarvelous Designerの製品情報を見ますと、風シミュレーションはもちろんダイナミッククロスのピン止めも普通にできるのですね。

DAZ Studioも、このごろ何となくわかってきた気がします。(あくまで気のせいかも知れませんが(^^);)

dForce服で風シミュレーションをしたかったのですが、APSに貼るのも気が引ける「色気皆無、布過剰」になってしまいましたw。
https://yahoo.jp/box/zzKLPg

「サモトラケのニケ」をイメージしたのですが、本物とは全然違います。(T_T)
ちなみにこちらが上記の元絵になります。
https://yahoo.jp/box/YXXaPA

お目汚し、大変失礼いたしました。m(_ _)m
(リンクはいずれ消去いたします。)




ぽれぽれ | 2019.02.04 | URL | #mQop/nM. [edit]
> しかしMarvelous Designerの製品情報を見ますと、風シミュレーションはもちろんダイナミッククロスのピン止めも普通にできるのですね。
昔はできなかったのですがバージョンアップを重ねる度にいろいろなことができるようになってきています。

> DAZ Studioも、このごろ何となくわかってきた気がします。(あくまで気のせいかも知れませんが(^^);)
私は今まで何度も挫折してきましたので、今までの僅かな日数で使えるようになられたのならきっと
DAZ Studioと相性がいいのだと思います。

御作拝見いたしました。なるほど本来はこういう風に使うのが正しいのだなぁと感心いたしました。
布をシミュレーションするのが本来の機能なので布が多いほうがいいに決まっています。むしろ私のように
少しでも気を抜くと覿面に布面積が減ってしまうほうがおかしいのです(笑)
アーク | 2019.02.05 | URL | #- [edit]
>私は今まで何度も挫折してきましたので、今までの僅かな日数で使えるようになられたのならきっと
DAZ Studioと相性がいいのだと思います。

いえいえ、たとえひと月あまりでも続けてこれたのは、アークさんはじめ、先人の方々が失敗談も含めて書き残しておいてくれたおかげです。m(_ _)m

最初にDS4.10をダウンロードして、何か表示しようとしたら私の非力なPCがブンブンとうなり始めました。火を噴くのではwと不安になってあわてて終了しまして、その後はしばらく触れませんでした。

後で知ったのですが、Vewportの描画モードがIrayになっていたこと、Render SettingsでIrayの使用ハードウェアがCPUのみに設定されていたことで、CPU稼働率があっという間に100%(体感上は200%w)になっていたこともわかりました。

それからはViewportはTextureモードにし、使用ハードウェアもCPU+GPUにしたことで、今のところDSも普段はおとなしくしてくれています。(笑)
Iray表示もできる小さな副Viewportは使わず、render開始後適当なところでキャンセルして様子の確認をしています。

アークさんもご経験があるかも知れませんが、ベテランの方たちが「常識」としてあまり触れないところで、素人はつまずいてしまうんですよね。(^_^);

なお、DAZ Studioをきっかけに自分のPCのGPUの型番(NVIDIA製とは知っていましたが)、ドライバの更新が必要であることもわかりました。これまで関心がなかったGPUですが、今や私の人生にとって「かなり必要な先行投資」である気がしてきました。(笑)

(追伸)ようやく先ほどインストールしたDAZ Studio4.11 BetaではViewportのIray描画が速くなっているようですが、非力PCが騒ぐのは変わりありません。(T_T)
ぽれぽれ | 2019.02.06 | URL | #mQop/nM. [edit]
たびたびの連続投稿、申し訳ありません。m(_ _)m

Poser時代にはフォトリアルにさして関心がありませんでしたので、サブサーフェス・スキャッタリング(sss)については全く理解していません。そこで、美肌研究家(笑)のアークさんにお聞きしたいと思います。

素人考えでは、これは「しっとりと潤いのあるお肌」をつくるためのドモホルンリンクルのようなものか?、と想像しておりますが、男性ユーザーとしては実際どのように使えばよいのかわかりません。

「どんな美女も面の皮一枚の下は・・」と世間では言われますが、Irayシェーダではツラの皮は3枚構造として扱っているようですねw。

Iray時代にスタートし、Iray対応製品のみ購入する私などは気にしなくて良いのかも知れませんが、今後ポートレート作品などもチャレンジしたいと思いますので。

また、プロップなどの過去に購入した資産の活用なども可能でしょうか。(Irayモードで)
(回答は、お手すきのときで結構です)
ぽれぽれ | 2019.02.06 | URL | #mQop/nM. [edit]
そういえば私もPoserやC4Dを使っていた頃はGPUについてそれほど気にしていません
でしたが、DAZ Studioに変えてあまりにも画面の描画が遅いのが耐えられなくて
グラフィックボードを買い替えました。
低速のGPUだと使いづらいというのは不便ですが、高速のGPUを使えばその分画面の
描画とレンダリング速度が早くなるというのはある意味昔より改善されていると
思います。

C4Dでレンダリングしていた頃はVRAYでいろいろと試行錯誤していましたが、DAZ Studio
に移ってからは肌のマテリアルは基本的に既存のシェーダーで済ませています。
ライティングによっては肌の質感が意図したものと異なる場合があるので、その時は
Iray ビューで確認しながら肌のパラメータを少しずつ変えて理想の質感に近付けて
います。ただ、肌の露出が少ない場合は売り物のシェーダーで十分に賄っています。

DAZで汎用的なIrayシェーダーのセットが販売されているので、マテリアルがIrayに対応
していないプロップはそういったシェーダーでマテリアルを再設定して使っています。
但し汎用的なシェーダーはテクスチャも置き換えてしまうので、テクスチャを変えては
いけない場合は予めテクスチャのパスを記憶しておいて、シェーダーを適用した後に
テクスチャを再設定するなど少々面倒な手間をかける必要があります。
アーク | 2019.02.07 | URL | #- [edit]
ご回答ありがとうございます。

>DAZで汎用的なIrayシェーダーのセットが販売されているので、マテリアルがIrayに対応
>していないプロップはそういったシェーダーでマテリアルを再設定して使っています。

なるほど、汎用的なIrayシェーダーは多くが値引きされて売ってますね。
過去資産活用の意味でも、安いときに買いそろえたいと思います。
ぽれぽれ | 2019.02.07 | URL | #mQop/nM. [edit]
と言うことで、過去の資産活用(リサイクルですね)をやってみましたw。

選んだのはSanctum ArtのRDL7(2004年)です。この頃はPoser4の時代でしょうか。当然もうDAZ3Dでも販売してません。 https://yahoo.jp/box/2aBfwT

Poser11のFireflyでレンダリングしても、「なんだこりゃ」という代物になってました。(T_T)

いえ、Iray対応のもっと立派な後継製品がでてますので、無理にリサイクルする必要もないのですが、まあ練習ということで・・ https://www.daz3d.com/easy-snap-virtual-reality-interface

objectでDAZ Studioにimportして、各部位のtextureを貼り、Irayシェーダで代替えできるところは置き換えました。

ついでにA3 Aikobotも投入w。 https://yahoo.jp/box/mWD83B
Irayはやはりきれいですね。(作品がきれいという意味ではありません。途中で描画中止してますしw)

時間コストを考えると新しいの買ったほうが早いですが、楽しかったです。(^o^)/

ぽれぽれ | 2019.02.08 | URL | #mQop/nM. [edit]
> Sanctum ArtのRDL7(2004年)です。
そういえばありましたね。ものすごく作り込まれたデータなのに使い所が分からなくて
一度も使わずにどこかに死蔵されている気がします。

> https://www.daz3d.com/easy-snap-virtual-reality-interface
こちらは初めて見ました。新商品は毎日確認しているつもりが肌色が少ない商品はチェックが
甘かったようです。

> https://yahoo.jp/box/mWD83B
制作過程を教えて貰っていなければ同じテクスチャに思えるくらい再現率が高いですね。
作品も十分にきれいだと思います。
アーク | 2019.02.09 | URL | #- [edit]
>作品も十分にきれいだと思います。
いえ、ほんの、お目汚しですので、どうぞお気遣い無く!(笑)

ところで今さらですが、気づいたことがあります。
私は、Iray時の使用ハードウェアは、CPU+GPUにしていますが、レンダリング中PCのファン騒音?がうるさいので、タスクマネージャーでパフォーマンスを調べたところ、CPU稼働率がほぼ100%で、一方GPUはほとんどサボっている状態(数%)です。

タスクマネージャー!、お前はほんとにタスクをマネジメントしているのかっ?
レンダリング設定のOptixのチェックをONにしてもあまり変わりません。(photorealモードだから?)

同じ作品でのレンダリング時間 (DS4.11 Iray):
・CPU+GPU 54’58"
・CPUのみ 32'11"
GPUが足を引っ張っている!?

GPU「ふーっ、メモリ不足で、もう、いっぱいいっぱいス。」
CPU「わかった。もう君には頼まないから、しばらく休んでいたまえ。」
とチームを外されたGPU君。どこかの社内会話のようです。(笑)

「GPU有り」というのが有名無実になっています。(T_T)

(追記)DAZのフォーラムで以下の記述を見つけました。
「Irayは、シーンのすべての要素がGPUのVRAMに収まること、またはGPUがまったく使用されないことを要求しています。したがって、4Gbカードと8Gbカードの違いは非常に大きいです。」

メーカー出荷時のままの2Gbでは、G8一体でも苦しいわけですね。(^_^);
ぽれぽれ | 2019.02.10 | URL | #mQop/nM. [edit]
私もDAZ Studioを使い始めた頃はその状態で、何か改善策はないかと
試してみたりもしましたが、結局思い切って私にとっては不相応な
ほど高価なグラフィックボードに買い替えた結果、動作環境全般が
大幅に改善されました。

現在私が使っているのはGeForce GTX 1060 6GBで、今では決してランクが
高いわけではありませんが、それでも一部屋分のプロップとG8F一人分
くらいのデータなら問題なく読み込んでそれほど無理なくレンダリング
することができています。

少なくともDAZ Studioに関しては、CUDAコアとメモリがある程度ないと
全く戦力外になってしまうので、チームを外されるのも致し方ない
ところです。
アーク | 2019.02.11 | URL | #- [edit]
そうだったんですね。
私の中で、GPUは、「かなり必要な」→「必要不可欠な」先行投資に格上げされましたw。

しかし今週はMarvelous Designerのセール終了期限も近づいてますし・・
GPUは、アークさん同様「消費税値上げ前」までには入手したいです。
ぽれぽれ | 2019.02.11 | URL | #mQop/nM. [edit]
Marvelous Designer@$240、買いました。 \(^o^)\
決心が鈍らないうちに、というのもありますが、アークさんが購入して後悔していない、というのもポイントでした。

これで、ある日「フィギュア服が作りたいっ!」という突然の衝動にかられても心配ありません。
備えあれば憂いなし、です。(笑)

もっとも専門家によれば、突然の衝動リスクより挫折リスクの方が高いと言われてますが、そのときはアークさんに責任はありませんw。

GPUについては慎重に検討し、アーク三原則「節約、節制、平穏」を遵守いたします。
「欲しがりません、買うまでは。」(笑)
ぽれぽれ | 2019.02.11 | URL | #mQop/nM. [edit]
MarvelousDesignerご購入おめでとうございます。
衣装作りをぜひ楽しんで下さい。
グラフィックボードについては、DAZ Studioをどう使うか
方向性が定まってからでもいいかもしれませんね。

ブログのコメント欄がすっかり昔の掲示板の様相を呈してきて
元記事の内容と離れてしまいましたので、この辺りで一旦
リセットさせて下さい。
今までお付き合い頂きありがとうございました。
アーク | 2019.02.12 | URL | #- [edit]
ただ単にコメントの内容が元記事の内容と離れてきたというだけで
ぽれぽれさんに書いて頂いた個々のコメントに問題があるという
わけではなかったのですが、何度もご連絡を頂いたようですので
コメントの編集ができるように戻しておきました。
アーク | 2019.02.13 | URL | #z5Sx.IBY [edit]

Leave a reply





管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。