Arc's Pinup Studio

主に趣味のCGに関するいろいろ。

3月終了。

6

今月は髪の毛をdForceで動かそうとお勉強したのですが、最近の髪のオブジェクトは昔のような短冊のポリゴンではなくほとんど髪の毛というくらいの細いポリゴンで構成されていて、これをdForceでシミュレートすると寝起きのようにバサバサになってしまって収集がつきません。結構粘って試行錯誤しましたが結局思ったような結果が得られずに諦めました。
本当にやったのですよ、決してサボったわけではないのです。

そういう次第でdForceは諦めて、今月はZBrushを少しお勉強してみました。今まで全く分かっていなかったIMMブラシとナノメッシュについて調べて、更にZModelerブラシも頑張って多少は使えるようになりました。2015年7月に購入して以来約3年、遂にZBrushだけでオブジェクトを作ることができるようになりました。自分で書いていてちょっと情けなくなります。

そんな感じで自己満足に浸っていると、何と3月29日にZBrushがバージョンアップしました。今までのバージョンが4R8だったので次は4R9かそれとも5かと思ったら、何とZBrush 2018だそうです。そして何やら便利そうな新機能がいくつも追加されています。しかしZBrushはユーザインタフェースが独特なので、新機能を使うにはまずどこのボタンを押せばいいのか調べなければいけません。私が新機能を紛いなりにも使えるようになるにははまだまだ先のようです。

6 Comments

アークさん、二ヶ月ぶりのこぶたさんです。今年の桜も無事
終焉を迎えております。もうすぐ、花粉症で鼻水もしたたる
いい男も卒業を迎えるでしょう。
今月のピンナップもむちむち、ぴちぴちで素敵でございます。
豊満な胸の布の位置が微妙でそそられます。はい。

髪の毛・・・リアルでは「薄い」とか「少ない」」とか・・ぼそぼそ・・
3DCGのように簡単に増やせたらなぁ・・と思っております。

私はZBrushを持っていないのです。うーーん、それが原因か。
わたしも収集がつかないほどの毛髪が欲しいです。
早くZBrushを購入してふさふさに・・・・(無理じゃ~)
はる | 2018.04.02 | URL | #- [edit]
はるさんご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。

花粉症、大変そうですね。ご苦労お察し申し上げます。
実は杉を伐採して花粉の根源を取り除くのはそれほど難しくは
ないが、花粉症関連の市場を維持するために業界団体が圧力を
かけてそれをさせない、などという陰謀説すらあるそうです。

拙作をお褒めいただきありがとうございます。
胸の布はMarvelousDesignerで作成いたしましたが、実はソフトで
シミュレーションした後に布を摘んで多少動かす事ができます。
…つまりそういう事であります(笑)

バーチャルリアリティがもっと普及して、普段はアバターで
コミュニケーションするような世界になれば、髪の毛や体型の
悩みからも解放されるはずです。そうなれば私ももっと真剣に
ZBrushのファイバーメッシュの使い方を勉強するはずです。
アーク | 2018.04.03 | URL | #- [edit]
ご無沙汰しております。
髪の毛のdForce化はこれを使うといいのかな、、、と思ったりしますが未購入です(^_^;)

dForce Master - Hair Simulation Presets for dForce Cloth Engine
https://www.daz3d.com/dforce-master-hair-simulation-presets-for-dforce-cloth-engine

Zbrush2018は4月下旬に存在に気づき、バージョンアップしました。
ちょっといじりましたけど、さらに使いやすくなりましたね。
未だに日本語UIに慣れなくて、どこに何があるか逆にわからなくなりました(笑)
新宮院まさおみ | 2018.05.05 | URL | #- [edit]
新宮院まさおみさんコメントありがとうございます。
"dForce Master - Hair Simulation Presets for dForce Cloth Engine"を使えば
髪の毛のシミュレーションに最適な設定が適用できるのですが、そのためには
予め髪の毛のオブジェクトをGeometry Editorでグループ分けしておかないといけない
ようです。特に髪の毛の重なりの上下をキチンと指定しておかないと、シミュレーション
した時に重なった下の髪の毛が上に突き抜けてしまいます。

ZBrush2018は私もバージョンアップしました。念のために4R8も残していますが
もうその必要もなさそうです。
日本語UIに設定していると、YouTubeでチュートリアルを見ながら操作している時に
どの機能を使ったのか分からなくなる時がありますね。大抵はメニューの並びから
推測して見つけ出しますが、どうしても分からない時は仕方なく英語UIに戻して
探さなければいけない羽目になります。完全に本末転倒です(笑)
アーク | 2018.05.06 | URL | #- [edit]
今の髪は昔のような短冊じゃなくなってきてますし、複雑だからグループ分けだけでも大変ですね。
そうなると手軽にできない時点でダメですね・・・
dForce対応の髪の毛がリリースされるのを待つしかなさそうですね。

病気休暇中で時間はあるのですが長時間の作業が全くできないのでZbrush2018も簡単に触る程度しかできてません。
早く身体治したいです・・・・
何もできません
新宮院まさおみ | 2018.05.06 | URL | #- [edit]
> 今の髪は昔のような短冊じゃなくなってきてますし、複雑だからグループ分けだけでも大変ですね。
> そうなると手軽にできない時点でダメですね・・・
そうなんです、私もそれで諦めました。
Classic Long Hair with dForce for Genesis 8 Female(s)
https://www.daz3d.com/classic-long-hair-with-dforce-for-genesis-8-females
こういう物が出てきてはいますが、この髪型を使いこなす自信はありません(笑)
もっと普通の髪型でdForce対応の物がリリースされるのを待つしかなさそうです。

時間があってもできることが限られるのは辛いでしょう。お察しいたします。
体調が回復したらすぐ制作に取り掛かれるように準備を整えつつ、今はまず
療養に専念して下さい。
アーク | 2018.05.07 | URL | #- [edit]

Leave a reply





管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。