Arc's Pinup Studio

主に趣味のCGに関するいろいろ。

10月終了。

4

今月はMarvelousDesignerを7にバージョンアップして、新機能を色々とお勉強していたら気がつくと月末で画を作る時間があまり確保できませんでした。この画も本当は顔がちょっと気に入らないのですが、一枚も画がないのも寂しいので賑やかしに貼っておきます。

MarvelousDesignerはバージョンアップする度に便利な機能が追加されるので、決して安くはないバージョンアップ料金ですが納得して支払えます。またDAZ Studioも最新バージョンの4.10ではdForceという非常に便利な機能が追加されました。勢いのあるソフトウェアはユーザが求める機能が追加されていくのがいいですね。PoserやC4Dのバージョンアップでもどかしい思いをしていた頃とは雲泥の差です。

しかし追加された便利な機能を使いこなすためにはまた一から勉強しなければいけません。私はただおねえさんの画を作りたいだけなのに、そこに辿り着くまでが遠いのです。誰か面倒なことだけ私の代わりにやってくれる奇特な方はいらっしゃらないものでしょうか。

4 Comments

週一の更新を目指すBLOGが気が付けば月一更新になっているARCさんこんばんは。

気が付けばDAZ Studioに移行されているようで、
常に私の行動の数手先を走っているARCさんはさすがです。(^^)

私もちょっとしたきっかけでD|Sに移行しました。
C4Dの年間ライセンスを辞めて2年ほどたちますが、
いつかC4Dを買いなおすだろうと貯めていたお金をすべてD|Sの為につぎ込んでいる状態で、
「何が基本無料じゃ!」と思っている今日この頃です。(^^;

アークさんのBLOGを拝見するに、GeForceGTX750tiでレンダリングされているようですが、
そこで身についた時間短縮のコツと言うものに非常に興味があります(^^。

いつの日か、何を省略するとIrayのレンダ時間を短縮し
アークさんの作画するような明るい作品を作り出せるのか語ってくれると楽しみにしています(^^)

ていうかビデオカード地獄に堕ちている私に是非救いの手を~(^^;
(↑10年以上ぶりに書き込みしている内容じゃなですね。。。。)

でわでわ(^^)

Yuga | 2017.11.18 | URL | #t50BOgd. [edit]
ゆがさんお久しぶりです。もう10年以上になりますか。
ゆがさんのブログはいつも拝見しています。
ただ、ゲーム関係の記事は残念ながらあまり理解できていませんが(笑)

DAZ Studioは今年の1月から本格的に使い始めましたのでまだ1年未満の初心者ですが
実は5月にビデオカードをNVIDIA GeForce GTX 1060 6GBに買い替えました。
http://arcblog.blog3.fc2.com/blog-entry-380.html

そんな初心者の私ですのでDAZ Studioについて語るのはおこがましいのですが
テストレンダリングのためのレンダリング時間短縮については
Render Settingsタブ→Progressive Renderingの
Min SamplesとMax Samplesを低く抑えて、更にRendering Quality EnableをOnにして
Rendering Qualityを0.1とか0.01辺りまで抑えることでレンダリング時間を短くして
います。当然レンダリング品質は悪くなりますので、確認したい内容によって数値を
調整する必要があります。

また画像を明るくするのはRender Settingsタブ→Tone Mappingの
F/StopとFilm ISOの設定値で調節しています。
更にCamerasタブのCamera→F/Stopで背景のぼかしを調節しています。
今の私に分かるのはこのくらいです。

先日のゆがさんの記事を拝見して、ビデオカードを2枚刺せばレスポンスが向上するいう
事を初めて知りました。もっとも私が知ったところで1070や1080を投入することはできない
のであまり意味はありませんが(笑)

というか、あんなに凄いビデオカードが使えるのなら少々レンダリング設定が甘めでも
問題ないような気がするのですが…大軍に区々たる用兵など必要ないとファーレンハイト
提督も仰っていました。

プロフィール画像の文言は流石にそろそろ修正しなければいけませんね(笑)
アーク | 2017.11.18 | URL | #- [edit]
10年はさすがに言いすぎだったと反省してま~す(^^;

そのレンダ時間短縮方法ですと、Irayの場合、普通にレンダリングして中断するのと同じ!という事にならないですか?
部分レンダとか、Irayシェーダーの一部リッチな設定値を一時的に無効化したプレビューレンダ機能とかほしいですよね~(^^


あと画像を明るくするのは物理的な話ではなく「アークさんの作品からほとばしる明るく開放的な雰囲気」です(^^
回答から察するに恐らくあまり意識せずに好きな雰囲気を狙っている結果なんだろうなと。(^^
闇落ちしている私には開くことが出来ない扉なのかもしれません(^^;


グラボ2枚刺しは諸刃の剣ですが、なかなか有効ですよ。
それこそアークさんのM/Bが対応していれば、1060と750tiの2枚刺しでいけばCUDAコアの数で1070並みなりそうですし。
ただCUDAコア以外のスペックで750tiが足を引っ張ると思われますが(^^;


ちなみに大火力を制御しきれずに四苦八苦しているのが今の私の状況です。
1頭の獅子に率いられた100頭の羊の群れは(以下略)、と言われているように司令官がファーレンハイト提督じゃない
所に問題があるのですがこればかりは如何とも(^^;
GPU温度が80℃になる勢いなのでPC内の温度管理に追加料金を払っている最中です(^^;


でわでわ(^^)
Yuga | 2017.11.19 | URL | #t50BOgd. [edit]
> そのレンダ時間短縮方法ですと、Irayの場合、普通にレンダリングして中断するのと同じ!という事にならないですか?
失礼しました、確かにそうですね。
そういうことでしたら、ライトを多用するとどうしてもレンダリングに時間がかかるので、基本的なライティングは環境マップのHDRファイルにして、更にDAZで販売されているGhost Lightを使うことでレンダリング時間を短縮しています。ただ、このライティングではくっきりとした影が出ないのが難点です。
> 部分レンダとか、Irayシェーダーの一部リッチな設定値を一時的に無効化したプレビューレンダ機能とかほしいですよね~(^^
DAZにそうお願いしたら、そっと3Delightを差し出されそうな気がします(笑)

> あと画像を明るくするのは物理的な話ではなく「アークさんの作品からほとばしる明るく開放的な雰囲気」です(^^
いつもHDRライティングで画面全体に光が行き渡るのでそう見えるのかもしれません。
あとはどの画もおねえさんが開放的だからではないでしょうか、主に着衣面で(笑)

> それこそアークさんのM/Bが対応していれば、1060と750tiの2枚刺しでいけばCUDAコアの数で1070並みなりそうですし。
> ただCUDAコア以外のスペックで750tiが足を引っ張ると思われますが(^^;
一瞬「おっ」と思いましたが、仰られる通り750tiが間違いなく足を引っ張るでしょうね。
分を弁えて1060一枚でやっていくことにします。

> GPU温度が80℃になる勢いなのでPC内の温度管理に追加料金を払っている最中です(^^;
気温が低い今のうちに何としても解決しておかなければいけませんね(笑)
アーク | 2017.11.19 | URL | #- [edit]

Leave a reply





管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。