Arc's Pinup Studio

主に趣味のCGに関するいろいろ。

R14の新機能を試してみる。

0

せっかく高いお金を払ってバージョンアップしたので、申し訳程度に新機能を試してみます。

購入前からこれは面白そうだと思っていたのがカメラキャリブレータという機能で、これは写真や画像にXYZ軸などの情報を指定することで、カメラの焦点距離・方向・位置を自動で設定してくれるという、とても便利そうな機能なのです。

例えば、ネットで見つけた右上のような画像にXYZ軸とカメラの向きを指定すると、この画像を背景画像として使用するのに最適なカメラと、そのカメラに対して正面マッピングするためのマテリアルをボタンひとつで作成してくれます。

後は追加したいオブジェクトを配置してレンダリングすれば、違和感のない合成画像が出来上がるというわけです。

ただし、当然ですが照明は画像に合わせて自分で用意しなければいけませんし、映り込みが発生する場合もそれ用のオブジェクトなり環境マップなりを用意しなければいけません。右下の画は照明も映り込みもまだまだ調整不足です。

それに、きちんとした画を作るつもりならどこかから画像を拝借するという訳にもいきません。権利関係がクリアな背景画像を自分で用意するというのは、私にとっては結構な難問です。

そういった訳で、購入前から楽しみにしていたにもかかわらず、役に立ちそうな機会はあまりなさそうです。残念。

Leave a reply





管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。