Arc's Pinup Studio

主に趣味のCGに関するいろいろ。

最終日。

2

結局この連休中に外へ出たのは、ぽすれんから来たDVDを取りに1階の郵便受けまで下りていったのと、DVDを返却するためポストまで行った2回、時間にして約15分だけでした。

その15分以外ずっと家の中に引き篭もり続けて、あーでもないこーでもないと場当たり的な試行錯誤を繰り返してきた結果、従来の肌のマテリアル設定に関する間違いを発見することができ、以前に比べれば少しは進歩したかなぁ、と思えないでもない感じがしないでもない、そんな気分になっています。いわゆるひとつの自己満足ですね。

もっともこの画も来年か下手をすると半年後くらいに見直せば確実に「あちゃー」となるのですが、今のところはこれが精一杯。ここからまたあーでもないこーでもないと総当たり戦でやっていきます。

こっそり修正…分かるかな、分かんねぇだろうなぁ。

まぁ孤独なオッサンにはちょうどいい趣味です。

2 Comments

5日間の鬼気迫る荒修行、お疲れさまでした。

いろいろと挑戦された今回の集大成の画を拝見いたしました。
みごとなオネーチャンの「お手上げ」ポーズです。腰のひねりがすばらしいです。
腋毛の処理も完璧です。(もともと無いちゅーに)(笑) ふとももももも・・以下略。

私には今までの肌との質感の違いがわからないのですが、超一流芸術家のアーク画伯
には大きな違いと進歩なのでしょう。それでもまだ、納得できる画ではないとのこと
で、芸術の奥の深さと師匠の探究心の強さには驚くばかりです。

アークさんの画を見て、いつも思うのは「自然なポーズだなぁ」ということで。
Poserをつかって画を作ると不自然なポーズになることが多くて、なんとなく
「マネキンが並んでます」的になるのが普通なのですが・・アークさんのモデルは
生きています。さすが、ピンナップの巨匠。
はる | 2009.09.24 | URL | #- [edit]
はるさんいつもコメントありがとうございます。
連休終わってしまいましたねぇ。
私は日頃の行いがいいのか、連休明け早々トラブル発生でうんざりでした。

この画、昨日の時点では結構上手くできたつもりだったのですが、今日見直したら既に「あちゃー」でした。
半年どころか1日…もう本当にお恥ずかしい限りです。まだまだ修行が足りません。
腋の処理は完璧だったのですが(もともと無かったですね)

鬼気迫るといえば、はるさんのモデリングのほうが私などよりも遥かに上ではないですか。
Poser界では前人未到の領域である「もんぺ」をわずか1日で、しかもテクスチャ付きで作り上げてしまうのですから。
私には到底不可能です。
はるさんこそ、Poser界におけるスローライフの巨匠です。
アーク | 2009.09.24 | URL | #z5Sx.IBY [edit]

Leave a reply





管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。