Arc's Pinup Studio

主に趣味のCGに関するいろいろ。

interPoserProご購入。

9

買うんじゃないかなぁと思ってたらやっぱり買ってしまいました。
ま、いいよね円高だし。というか今も円高だよね。円安の頃に比べたら円高だよね。
それにこれはそんな簡単にお蔵入りすることはないと思うんだ、例えばShave&…いやもうヤツのことは忘れよう。

デモ版を使っていた頃は「別にこれで何の不便もないし」と思っていましたが、プロ版に慣れてしまうともう戻れる気がしません。
デモ版はC4Dへインポートする際、予めOBJファイルを出力しておく必要があって、その手間自体はそれほど負担に感じていなかったのですが、PoserがOBJファイルのエクスポートに失敗することが結構あって、その時にシーンを分割するなどしてエクスポートの失敗を回避する手間はかなりの負担でした。

プロ版はPZ3ファイルからC4Dに直接インポートしてくれるので、Poserの不安定なエクスポート機能に依存せずにすみます。これだけでも大助かりです。

それと、マテリアルの再現性もプロ版では大幅に改善されています。
そもそもデモ版はOBJファイルをC4DにインポートするたびにRuntimeフォルダを指定させられます。ひとさまにそこまでさせておいて、時々テクスチャの読み込みに失敗することがあるのです。それが、プロ版では今のところ一度も読み込みに失敗していません。はっきりいってこれは、プロ版が「改善」されたのではなく、デモ版が「改あk…いやもうヤツのことは忘れよう。
とにかくこれも大助かりです。

しかし、プロ版最大のウリは何といっても「C4Dの中でPoserの機能を再現できる」、これに尽きるでしょう。
PZ3ファイル内のフィギュアをIKやMTごとインポートできるだけでなく、Runtimeフォルダ内のCR2ファイルまで同じようにインポートできます。つまり、PZ3ファイルをインポートした後にC4D内部でポーズやMTの変更ができるだけでなく、Poserを介さずC4DだけでPoserフィギュアを読み込み、ポーズを付けることさえ可能なのです。

もちろん、PP2ファイルも読み込めますし、それらにPZ2ファイルを適用することも可能、さらにはフィギュアにCR2ファイルをコンフォームすることさえ可能です。つまり、Poserの"Pose"タブでできることは(私が確認した限りでは)全て可能です。これは、かつてクリ研がPoserのベンダーであった頃に作った"PoserProPack"を機能的に超えています。こんなに便利なプラグインが、今ならたったの150ドル、どうですかお客さん!

ところで、私がinterPoserProで遊んでいる間に、Victoria4.2がリリースされたそうですね。

4.1です。
…上の画は4.1ですスイマセン。

噂ではMTがINJ方式に戻ったそうで、ようやくV4のMTをほぼ把握できたのに、4.2にアップデートしてまた初めからやり直し…なんて事になるのが怖くて、せっかくDAZからタダでアップデータを貰えたにもかかわらず、まだインストールしていません。

そもそも、今回のアップデートのキモは「V4野郎化計画発動」なわけで、私には何の恩恵もないわけです。しかも、噂によるとアレがアレしてないそうで、お姐さま方からも「あんなのオトコじゃない」と言われている始末。ごもっともなご意見です。

想像してみて下さい、V4の野郎化だからピンときませんが、これが逆にM3の女性化MTがリリースされて、「さぁ今後はこれで女性キャラを作って楽しんで下さい」となったらどうでしょう。
…考えただけで怒りがこみ上げてきますよね。つまりそういうことなのですよ。
世の中、単純に割りれないこともあるのです。

9 Comments

こんばんわ~w

いつくるかいつくるかと思っておりましたがついに買ってしまいましたねw
今のところうちではmaxに取り込むためのコンバーターとしての頻度が一番高いのですけども、マテリアルや関節の当たりがものすごくつけやすくなって、その上、修行次第ではC4Dde 上で、POSERがまんま再現できる。

それでいて150ドル
これは買いですよね!

‥しかし、いつ見てもアークさんのC4D絵は美しいですね。(ほおw
D51 | 2008.02.19 | URL | #WSuM4XVo [edit]
はじめまして、
アークさんのギャラリーに魅せられて、1月からPoserをはじめたばかりです。
環境は、Poser7+C4D(InterPoserPro)です。C4D暦は長いのですが、ほとんど
持ってるだけで、使っていませんでしたので、まったくの初心者ですが、よろしくです。

ところで、InterPoserProでV4.2うまく読み込めますか?私の環境では、4.1は問題なかったのですが、眉毛のあたりのテキスチャーがレンダリング時にうまく認識してくれないみたいです。AIKO4も今日リリースされましたが、同様でした。AIKO4はさらに眼球の位置が正しくないみたいで、しばらくは4.2・AIKO4は、しまっておこうかなぁって思ってます。


Ragie | 2008.02.20 | URL | #- [edit]
すみません、先ほどの書き込みを読み返して見たら、誤解を与えてしまうようなかき方に
なっていました。
2キャラをしまっておこうと言うのは、単純に私自身が使用する頻度が極端に
少ないためです。
すみませんでした。

Ragie | 2008.02.20 | URL | #- [edit]
■D51さん
お仕事でご多忙の中お越しいただきありがとうございます。
ついに買ってしまいました。我ながら堪え性のなさに笑ってしまいます。
でも、これだけの機能で150ドルはお買い得ですよね、そうですよね。
数々の高機能3Dアプリを使いこなすD51さんも同意して下さるなら間違いありません。
いい忘れましたがワタクシ、責任転嫁とか気にしないタイプです(笑)

それと誠に残念なお知らせがあるのですが、C4Dのレンダリング画像から
完成画像までの間には、「ちょとゴソゴソするアルヨ」的な工程がありまして、つまり、
「アークの画の半分は、フォトショップでできています。」
というようなことになっています。既にお気づきかとは思いますが、具体的には
・ アンシャープマスク
・ レベル補正
・ チャンネルミキサー
などで散々弄りまくった挙句、最後にトーンカーブで微調整という感じです。
つまり、C4Dのレンダリング画像の時点でクッキリハッキリする方法は分かりません。
…あぁ、見捨てないで(笑)

■Ragieさん
どうもはじめまして、そして過分なお褒めのお言葉ありがとうございます。
問題の件、さっそく試してみましたが私の環境でもRagieさんおっしゃられている状況が再現できたと思います。
これはV4.1で新たに導入された"eyeBrow"というパーツが原因かと思われます。
(Aiko4はまだ入手していませんので試せませんでした。)
V4.1のフィギュアをC4Dにインポートした時にはこのパーツがheadに隠れていますが、V4.2ではこれが表面に現れます。本来の使用目的から考えると、この状態のほうが正しいのですが、マテリアルが設定されていないとただ邪魔なだけの存在になってしまいます。
これを表示しないようにする方法は2つあります。
(1). マテリアル"Eyebrow.mtl"の透過を100%にする。
(2). ボディパーツ"eyeBrow"の位置をhead内部に移動する。
どちらの方法でも結果は同じですが、レンダリング速度は(2).の方が若干早くなるはずです。ほんとに若干でしょうけど(笑)
因みに(2).の方法は、「オブジェクト」タブのV4.2フィギュアのツリーから"eyeBrow"というパーツを辿り、そのパーツを選択しておいた状態で「属性マネージャ」の「Dials」を開き、「Translation」の「zTranslate」を-0.01m位にするとheadの中に隠れます。

私の環境ではこの方法で回避できましたが、もしうまくいかないようでしたらまたおっしゃってください。
分かる範囲でがんばります(笑)
アーク | 2008.02.20 | URL | #z5Sx.IBY [edit]
ありがとうございます。アークさんの書かれたやり方でやってみようと思います。
私は、単純に「1_Nostril.mtl」とかの他の部位のマテリアルをかわりに貼り付けて
いました。


ギャラリーの中では、ぽっちゃり系が好きなんですが、特にV3+Preteenを
組み合わせたものが魅力的です。(一度、V3+PreTeenを作ろうとしたんですが、
見事にうまく動きませんでした。)
Ragie | 2008.02.21 | URL | #- [edit]
あのパーツに何かマテリアルを当てるとしたら、1_SkinFace.mtlが一番無難だと思いますが、それでは眉毛の部分に段差ができるだけで何のメリットもありませんので、やはり非表示にするのが妥当だと思います。

あのパーツの本当に使い方は、眉毛以外が透過になるようなトランスマップを当てて、眉毛が立体的に見えるようにするというものなのですが、私が今まで購入したテクスチャセットでそのようなトランスマップが付いているものはありませんでした。

V3+PreTeenは、ある親切な方にその昔作っていただいたもので、V3はゴツい顔しかなかった当時は大変重宝いたしました。Ragieさんに言われて気付きましたが、ここしばらくはぽっちゃり系から遠ざかっておりましたので、いいネタが思いつきましたらそちらのほうにも力を入れていきたいと思います。
アーク | 2008.02.22 | URL | #z5Sx.IBY [edit]
いろいろと教えていただきありがとうございます。

ぽちゃり系、期待します。
Ragie | 2008.02.23 | URL | #- [edit]
どきどきしながら書き込み、どきどきしながら覗きにきました。

ふうううう、よかった~~~(*^ ^*)
実はC4Dレンダがあんまりうまくいかなくて、こんな代物をアークさんに見られたら

「てめえD51、C4Dの実力の1/100もだせてないじゃないかぁ!めっめっ!」
って怒られるんじゃないかと思って、ううっ(T_T)

(アニメぼけぼけの原因はカメラのよりにもあったので、D51がへなちょこなのは確かです。はい。しかってやってください)

>「ちょとゴソゴソするアルヨ」的な工程
アークさんのかわいらしい発言にちょっと笑ってしまいました。しみません。
でも、これで心置きなくアドビちゃんの修正全開で絵が作れます。
企業秘密なのに、教えてくれるなんて、アークさんてばいい人。ありがとうございますm(_ _)m

そしてそして、D51もぽっちゃり系ラブですw
D51 | 2008.02.23 | URL | #WSuM4XVo [edit]
■Ragieさん
あまり暴走しすぎないように注意しながらがんばります(笑)

■D51さん
私は今までC4Dを静止画でしか使っていませんから、その時点でD51さんのほうがずっとC4Dを使いこなされています。「めっ」と叱られるのは私のほうです。

私はもしかしたら画作りの中でレタッチ作業が一番好きかもしれません。
マテリアルやライティングをいろいろ工夫して、レンダリングの段階では最善と思っていた画像が、Photoshopでレタッチすることによってさらに薄皮をめくるようにクリアになっていく過程は、何回やっても新鮮に楽しめます。楽しすぎてなかかな終わりが見えないという欠点もありますが(^^;

しかし私の画など所詮は素人の作ったもの、プロには到底敵いません。
D51さんのアドビ修正テクニック全開パワーを見せていただければ、たとえ私が真似をするのは無理としても、冥土の土産話くらいにはできると思います。
どうか何卒よろしくお願いいたします。

D51さんの「ぽっちゃり系ラブ」って、どっちだろう…オトコは長髪イケ面スレンダー系がお好みのはずだし、えーと…いや深く考えるのはやめておこう(笑)
アーク | 2008.02.24 | URL | #z5Sx.IBY [edit]

Leave a reply





管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。